人事の負担を減らす、適切な適性検査の選び方

適性検査が持ついろいろなメリット

適性検査とは、その人が持っている性格、興味、能力などを測るための検査です。大企業が採用の際に行っているイメージがありますが、実際は多くの中小企業等でも取り入れられています。適性検査の最大のメリットは、面接など他の採用段階では測りきれないその人の内面を探ることができるという点です。多くの質問に答えてもらうことで、応募者に関する情報を効率的に集めることができるので、人事採用の負担を減らすことにもつながります。

適切な検査を選ぶためのチェックポイント

適性検査は多くの企業が作成、販売しています。しかしこれに特別な免許や資格は必要ないので、品質の面で劣る試験が存在するのも事実です。せっかく試験を実施するなら、収集した情報を有効活用できるものを選びたいところです。選ぶ際に基準となるポイントはいくつかありますが、最も大切なのは試験の信頼性です。試験の信頼性をチェックするには、その試験の実施実績が多く、サンプルに偏りがないものを選ぶのが大切です。また、解説書やマニュアルによって表示される信頼性係数も大切な指標になります。

適性検査を有効に使うためには

適性試験は多くの場合入社の際に使われるものだと考えられています。しかし折角お金をかけて試験を行ったのですから、応募者の選抜や面接の資料としてのみ使うのは勿体ないです。適性検査の内容を研修などでフィードバックすると、その人の自己理解を深めることにつながります。職業適性や行動タイプなどを参考にすれば、研修プログラムや配属先の決定に一役買ってくれることでしょう。また、採用に関するデータとしても役立ちます。収集したデータの集団ごとの傾向と自社が欲しい人材の傾向を比較分析することで、今後募集をかけるツールに関して検討することができるのです。

適性検査とは就職、転職試験などで応募者の性格、気質、価値観等を測りその職種に向いているのかを見極めることです。